· 

講義「学生時代の話とフリーランスの話」

11月24日、東京学芸大学メディア講習会「メディアづくりの基礎5」にて、

大学1年生を対象に講義を担当しました。

内容は、自分の「学生時代の制作の話」と「フリーランス(自営業)になってからの制作の話」です。

プロジェクターでイラストやアニメーションを映しながら、実際の原画も観てもらいました。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

講義の内容(120分)

・ 学生時代の制作

・ フリーランスになってからの制作

( 前回はPhotoshopの講習も含めていましたが、今回から作品制作の話をメインにお話しました。)

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

私の場合は、学生時代に自主制作でイラストを描くところから始まり、

そのあと、絵を動かしたくなって自主制作やアルバイトでアニメーションを作っていました。

社会人になってから、キャラクターデザインの仕事に携わる機会があり、

それからキャラクターアニメーションの仕事をするようになりました。

 

アニメーション制作の観点からすると、"先にキャラクターを作ってからアニメーションを作る"

というのが正しい順番なのかもしれませんが、私の場合は逆でした。

 

しかしそのおかげで、学ぶ範囲が広がったり、前の場所に戻ることができたり、

これはどうにも難しいと思うこともあったり、

そうやって少しずつ自分なりのやり方を作ってきた気がします。

 

話した内容が、学生のみなさんにとって何かのきっかけになったら嬉しいです。

TETSUYA HAKATA    illustrator / Animator