news

コトリサンバのポスター

161102_blog.png
神保町駅と小学館ビル前に、
ハカタスタジオで作画・デザインを担当させていただいた
コトリサンバのポスターが掲示されています。
掲示期間が、おそらく今月初旬(11月6日頃)までなのですが、
お近くへお越しの際は、ぜひご覧ください。

ちいさなポッケにのげやまくんを 6(:D



横浜市にお住まいの方は、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
横浜市内(西区・中区・南区など)には、「のげやまくん」というキャラクターがいます。
「のげやまくん」は、横浜市内の掲示板・TwitterFacebookInstagramなどに登場し、
地元の方々から愛されているキャラクターです。
「のげやまくん」は、ハカタスタジオで制作したキャラクターではないのですが、
今回ご縁があり「のげやまくん」のクラウドファンディングプロジェクトのお手伝いを
させていただくことになりました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
『ちいさなポッケにのげやまくんを 6(:D』
このプロジェクトは、地域の子どもたちに「のげやまくん」のぬいぐるみをプレゼントして、
一緒に遊んだり、おでかけしてもらったりしながら、
楽しい思い出をたくさんつくってもらいたい、というものです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ご参加いただいた方への「お礼のプレゼント」を、のげやまくんと一緒に考えていく予定です。
また、以下のページでハカタスタジオを紹介していただきました。
[リターン] のげやまくんからのお礼のプレゼントについて


「のげやまくん」をどうぞよろしくお願いいたします 6(:D

「黄金町まちづくりニュース 94号」掲載

2016年4月のNEWSで、横浜市立東小学校の子どもたちによる「横浜日ノ出桟橋・大岡川桜桟橋のシンボルマーク」制作のお手伝いをさせていただいた記事を掲載しましたが、そのことについてのインタビュー記事が地域の新聞「黄金町まちづくりニュース 94号」に掲載されました。
※ 新聞は、京急日ノ出町・黄金町駅や高架下の文化施設、横浜市内主要文化施設などで配布中です。

活動の中で目の当たりにした、学校と地域の方々(大人たち)が、協力しあって子どもたちを育む体制を作っていることがとても印象的だったので、そのことをお話ししました。

「黄金町まちづくりニュース」が掲載されているサイトはこちら
>> Kogane-X(初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会)

160624_koganecho_hakata_01.png
160624_koganecho_hakata_02.png
発行元(初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会)/ 出典元(黄金町まちづくりニュース)

横浜日ノ出桟橋・大岡川桜桟橋のシンボルマーク

4月3日、大岡川桜まつりで賑わう中、神奈川県横浜市内の大岡川沿いにある
「横浜日ノ出桟橋」「大岡川桜桟橋」の2つのシンボルマークがお披露目となりました。

これらのシンボルマークは、
昨年2015年10月に横浜市立東小学校の4年生の子どもたちを対象に
私たちが担当させていただいた「自分を紹介するマークを作ってみよう!」という授業の
応用編(実践活動)の中で生まれました。

また、私たちはこの授業の後に、
子どもたちがシンボルマークを考え、一つの案に決めていくために
"どういった視点で案を選ぶと良いのか?"
"どのように工夫していくと、より伝わりやすいマークになるのか?"
などについてアドバイスを行い、マークとして見やすくなるよう最終的な仕上げ作業を担当しました。


「横浜日ノ出桟橋シンボルマーク」横浜市立東小学校4年1組制作
160404_hinode.png

「大岡川桜桟橋シンボルマーク」横浜市立東小学校42組制作
160404_sakura.png

当時の4年生はこの春、5年生になりました。
子どもたちにとってこのシンボルマークのある桟橋が、
将来立ちかえることができる場所の一つになったら良いなと願っています。

東小学校創立110周年記念式典・祝賀会

151205_横浜市立東小学校_110周年_ステージ.png
横浜市立東小学校の創立110周年記念式典・祝賀会に出席させていただきました。

ハカタスタジオでは昨年、同校6年生を対象に「キャラクターづくりの授業」をさせていただき、その授業を通じて、6年生デザイン原案による東小学校110周年のキャラクター「思(おも)ようせい」が誕生しました。

▼横浜市立東小学校110周年記念キャラクター「思ようせい」
151205_横浜市立東小学校_110周年_思ようせい.png
最近では、先生方が子どもたちへ「思ようせいは、やわらかくていろいろなかたちに変わるから、自分が考えた思ようせいを自由に描いていいんだよ」というご指導をなさっているそうです。そのおかげで、子どもたちが思ようせいを描くことや作ることに対して、怖がらずに積極的に取り組めているとのことでした。その結果、今回の式典では子どもたちがつくった思ようせいがいろいろなところに登場していました。

▼ポリ袋の思ようせい
151205_横浜市立東小学校_110周年_思ようせいa.png

▼切り絵(ステンドグラス)の思ようせい
151205_横浜市立東小学校_110周年_思ようせいb.png

▼ねぷたの思ようせい
151205_横浜市立東小学校_110周年_思ようせいc.png

私たちは、今回の教育現場におけるキャラクターづくりを通じて
子どもたちの中にある"愛でる"感覚や大切に思う気持ちを育めたらいいなと考えていたので、とても嬉しく思いました。

祝賀会では、私が小学校の頃の校長先生、副校長先生、また、懐かしい地域の方々ともお話ができ、これから大人になっていく子どもたちと、自分たちを育ててくれた大人たちとの間に自分が居ることを改めて感じました。

子どもたちが10年後にそれぞれの活動を始めるとき、社会が魅力的に見えるようにしていきたいものです。
子どもたちと実際に関わることができ、最近はそんなことを思っています。

講義「学生時代の話とフリーランスの話」

151201_東京学芸大学_ハカタスタジオ講義.png
11月24日、東京学芸大学メディア講習会「メディアづくりの基礎5」にて、大学1年生を対象に講義を担当しました。内容は、自分の「学生時代の制作の話」と「フリーランス(自営業)になってからの制作の話」です。
プロジェクターでイラストやアニメーションを映しながら、実際の原画も観てもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講義の内容(120分)
・ 学生時代の制作
・ フリーランスになってからの制作
( 前回はPhotoshopの講習も含めていましたが、今回から作品制作の話をメインにお話しました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合は、
学生時代にイラストを描くところから始まり、
そのあと、絵を動かしたくなって自主制作やアルバイトでアニメーションを作っていました。
社会人になってから、キャラクターデザインの仕事に携わる機会があり、
それからキャラクターアニメーションの仕事をするようになりました。

アニメーション制作の観点からすると、
"先にキャラクターを作ってからアニメーションを作る"というのが
正しい順番なのかもしれませんが、私の場合は逆でした。

しかしそのおかげで、学ぶ範囲が広がったり、前の場所に戻ることができたり、
これはどうにも難しいと思うこともあったり、
そうやって少しずつ自分なりのやり方を作ってきた気がします。

話した内容が、学生のみなさんにとって何かのきっかけになったら嬉しいです。

《コトリ de パシャリ☆》の撮影をしました

151129_撮影準備.png
毎週イラストの連載を担当させていただいている「コトリサンバ公式Facebook」の構成内容が、11月から以下のようになっています

* * * * * * * * * * * *
月曜日/コトリサンバ miniアニメ・・・スタンプ風のミニアニメを掲載します。
水曜日/コトリ de パシャリ☆・・・コトリの顔がついた旬の食べ物などの写真を掲載します。
金曜日/コトリサンバ de 4コマまんが・・・コトリたちが登場する4コマ漫画を掲載します。
* * * * * * * * * * * *


そして先日、《コトリ de パシャリ☆》の第1回目の撮影をするために、
カメラやお昼ごはんなどを持って公園に行ってきました。
秋晴れの空の下でのお仕事は、ピクニック気分でとても楽しかったです。
平日の昼間だったので、公園も静かで、快調に撮影ができました。


撮影した写真はこちらです↓
コトリサンバ公式Facebook《コトリ de パシャリ☆》「柿コトリ」

《コトリ de パシャリ☆》 毎週水曜日は、いろいろなコトリたちが登場! きょうは「

授業「自分を紹介するマークを作ってみよう!」(横浜市立東小学校)

151019_大岡川桟橋マーク授業.png
10月5日、横浜市立東小学校4年生を対象に授業をさせていただきました。
今回の授業は、4年生が地域学習の中で大岡川(横浜市中区から桜木町へ流れる川)にある「大岡川桜桟橋」と「横浜日の出桟橋」のシンボルマークを制作することになったため、その学習の一環として行いました。
桟橋のマークをつくる前に、"自分で考えて、自分でかたちにして、自分で発表する" という一連の流れを子どもたちにまず経験してもらいたかったので、今回の授業では「自分を紹介するマークづくり」に取り組んでもらうことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自分を紹介するマークを作ってみよう!」(90分)
<講義>
・ハカタスタジオが過去に制作したマークの紹介
・東小学校の校章について
・ピクトグラムについて
・地域で使われているマークについて
<演習>
自分を紹介するマークを作ってみよう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

描いたマークを子どもたちが発表するとき、この授業を依頼して下さった平山洋輔先生からの発案で「このマークは誰のマーク?」とみんなにクイズを出して、正解が出てから本人が発表するという形式をとったところ、
これが大変盛り上がり、みんなで楽しみながらマークづくりのまとめを行うことができました。

東小学校の先生方、4年生のみなさん、どうもありがとうございました。
今後の授業を通じて、素敵な桟橋のマークができるといいですね。


授業の様子は、東小学校公式ホームページの2015年10月14日の記事に掲載されています。
▼東小日記 10月14日「シンボルマークを考えよう」
http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/es/azuma/

浅草サンバカーニバル

8月29日(土)、「コトリサンバ」が浅草サンバカーニバルに出場しました。昨年に引き続き、2度目の出場となりました。
2013年より、ハカタスタジオでは「コトリサンバ」のアートディレクション/キャラクターデザイン/イラストレーションを担当させていただいております。また、昨年こちらの着ぐるみを制作した際は、着ぐるみの造形の監修も担当させていただきました。

当日は小雨が降っていたのですが、3羽とも昨年よりノリノリで踊っていました♪
踊っている姿が、とってもかわいかったです。

150928_チョコラ.png

150928_ベリーニャ.png

150928_メローニャ.png

150928_全体.png

講義を担当しました

150712_01.jpg
7月6日、東京学芸大学の「東京学芸大学メディア講習会」にて、大学1年生を対象に講義を担当しました。

講義の内容(120分)
・ Photoshopの基礎「手描きのイラストをデジタルデータにして楽しもう」
・ 学生時代〜最近の作品紹介

最後のまとめとしては、
「学生のみなさんには是非、"ゆっくりでも自分で方向性を探る" "自分で手を動かして作る" ということを、じっくりやってもらいたい」という話をさせていただきました。

また、今回講義を終えて一番印象深かったのが、最後の質疑応答で「働き方(ワークライフバランス)」についての質問が学生から挙がってきたことです。世の中を冷静に見ていて、素敵だなと私は思いました。

私自身も社会人のひとりとして、事業の内容を見直しながら、学生が希望を持てるような働き方をつくっていく必要性を感じました。

博多哲也